読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えない葦

日々のメモ

ファズで学んだ人生という歪み

あの欲しくなってたファズ買いました。

 

わかんない人向けにいうとギターがズギャーンとしたカッチョいい音になる魔法の箱、通称エフェクターです。

 

この歪みというものは謎のサイクルがありまして、その買ったものも売ったり買ったりをかれこれ10年近く繰り返したというやつでして、ようやく本物を安く買えました。

 

もともとエフェクターに興味ない方でして、学生時代はとりあえずロックっぽくとにかく歪むやつ下さいと楽器屋でわからぬまま買わされたラット一つを商売道具にしていたというわたくし。

 

ラットってのは椎名林檎ちゃんの歌詞出るベンジーっていうどうしてもギターでぶって欲しいという人が使ってました。

 

まあベンジーはラット一つ以外にも商売道具として色んなエフェクターを踏みつけてるわけでして。

 

とりあえず、ロックはギターが歪んでないとロックじゃない。

 

そんなこんなでサイケデリックロックに痺れてファズというギターがエレキになったくらいからある単純かつ暴力的に歪むやつに切り替えました。

 

んで狙ったかのように世間もファズブームがやってきたわけでして、ブームが嫌いだった若い反逆心を持つぼくはアンプで歪ませることこそ本来の歪みとかわけのわからないことを言い出し、爆音出しては迷惑してました。

 

まあアンプで歪ませるととにかく金がかかる。

 

アメ車に乗ってんじゃねーかってくらいのメンテ費用がバカらしくなりつつも、アンプ直で散々、ライブという名の練習をしていたため、そこそこ騙し上手になるわけです。

 

そうなると自分の音が出来て何処でどのアンプだろうが同じ音が出せるようになりました。

 

さて原点回帰の30歳。

 

意味ないエフェクター使うのはかっこ悪い、いや正直、荷物増えるのが面倒になり年老いたわけなんです。

 

そこで出た答えがファズ。

 

とりあえずめっちゃ歪むなら音下げようっていう引き算を覚えました、パチパチ。

 

そこから汚い大人の始まりです。

ひずみってよりゆがみです。

 

文系理数コースという意味不明な高等教育の進学クラスに追いやられた身ですからインテリジェンスは多少持ち合わせます。

※このクラスにいると大学進学不可のバカを意味しておりました

 

まあ大器晩成型のぼくですから今になって意味のない音を出すのを止めようとなりました、パチパチ。

 

そうなると要らないものばかりのエフェクターボードが非常に軽くなり、使わないのは全部売り飛ばして必要な物に買い替え。

 

メンバーからはまたかよって呆れ顔されてますが、わかってもらうまでは時間がかかりそうです。

 

こちとら人生の半分以上ファズと爆音で頭ヤラられてるわけですから壊れてるのはぼくなんです。

 

そんなこんなでまた今流行りのファズブームにこの一言で一石投じたいと思います。

 

安くて歪めばなんでもいいじゃん、練習しよう!

 

以上です。

 

 

 

LIVE AT THE 'GO GO ACB' 1969

LIVE AT THE 'GO GO ACB' 1969

  • アーティスト: ザダイナマイツ,THE DYNAMITES
  • 出版社/メーカー: GOODLOVIN'PRODUCTION
  • 発売日: 1998/06/15
  • メディア: CD
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る